協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離

admin2 さんの日記

57件のうち1 - 10件目を表示しています。

カテゴリー:守破離の離 日記一覧
11月
29 (火)
カテゴリー  守破離の離
何が違うのだろうか。この違和感というか、何かが違うような気がする感覚はなぜ起きるのかを考えてみた。ある程度の法則のようなものを発見することができたのだが、人や環境によっても異なるので完全にそうであるとは言えないものの、その傾向があるのだろうなという自分なりの答えが見えてきて、別に可も不可もなくて、どちらも必要でどちらも大切であることには変わりはなかったりする。 この敢えて曖昧な話の流れのまま書き綴ってみようと思っているけれど、誤解は避けて通れないと思うので、それこそそれは違うだろとか不快に感じるようであれば読み飛ばしていただければ幸いです。 とりあえず私には行きたい場所とそうでない場所があり、実際に行ってみて行って良かったなと感じる場合もあれば、行かなければ良かったなとか、もう二度と行かないように注意しなければなとか思うことがあります。 全て好き嫌いの主観なので、どれが良くてどれが良くないとか甲乙を付けるものでもなく、ただ自分自身の中で自然と感じてしまう仕方のない感情なのだけれど、どうしてそうなってしまうのか、自分なりに分析してみて同じ失敗をしないようにしたり、ある程度の原因を探ってみ...
続きを読む | 閲覧(82) 
11月
27 (日)
カテゴリー  守破離の離
峡東大会、最高だった。本当に行って良かった。素敵な大会だったし、子供たちも可愛かったし、撮影してて楽しかった。先生方も立派というか、失ってはならないものを失っていない方が多かったので嬉しかったというか、安心した。私の中の五本指に入る素敵な大会だった。横浜東のこぶし杯も五本指の1つ(笑)なかなか、今の競技指向の中で運営していくのは大変な部分もあるけれど、子供が子供らしい表情を見せてくれる大会が永く続いてくれることを願うばかり。 んで、その峡東大会に向かう途中に野球グランドがあって、野球少年たちが河原の土手付近でウロウロしてて邪魔だなと感じた瞬間、私は大いなる反省をしたのでした。本当に自分自身が恥ずかしい思いでした。その少年たちは、ゴミ袋を持って、道端に捨てられていたゴミをボランティアで掃除をしてくれていたのです。心ない私の心を恥ずかしく思い、心からごめんなさい。でした。 野球少年たちのお陰で清々しい気持ちで石和清流館に辿り着きました。徹夜の移動の疲れも一気に吹き飛びました。本当に有難い出来事でした。思えば、野球というスポーツにおいて、似たような思いをしたことが幾度となくありますね。横浜創...
続きを読む | 閲覧(213) 
11月
26 (土)
カテゴリー  守破離の離
という訳で(なにが?)いま富山に来ています。このブログを書き終えたら支度をして山梨に向かいます。とりあえず、自分にできそうなことはできるだけやっておく。 全日本大学大会に行って来ました。気が付けば1週間が過ぎようとしています。どんどん過ぎ去り、忘れてしまうので可能限り時間を見て感じたことを綴っておきたい。 また落ち着いたら振り返ってみたいと思うけど、山梨への移動途中で交通事故に遭わないとも限らないので少しでも後悔が少ないように僅かでも足跡を残しておく。 関東を中心とした、いつものメンバーの皆さん、ありがとうございます(笑)実際にお会いして会話を交わすことが出来た人もいれば、そうでない人もいたと思いますけど、日本武道館の舞台で一生懸命に空手に励んでいる方々をみて、心を新たにし、多くのことを学ばせて貰いました。また結果とは別に個人的に格好良かったなと思う試合もいくつかありました。 厳しい世界なのでレギュラーとして試合出場できなかった子もいますが、そういう状況でも自分にできる精一杯で取り組むことが次に繋がると私は思っています。 アメリカチームとの交流試合がありましたね。日本が圧勝でしたね。こ...
続きを読む | 閲覧(137) 
11月
21 (月)
カテゴリー  守破離の離
思いを伝えたり、気持ちを伝えたり、注意事項を伝えたりと人は言葉に大きく依存している。言葉は非常に便利であるし、意思疎通を図る上でなくてはならない存在ともいえる。しかし、言葉の持つ意味や理解に齟齬が生じると真逆の効果を生み出したり、ときには人を傷付けてしまうことさえある。 言い放った言葉は、放った側と受け取った側でにおいて同じとは限らない。むしろ、正しく伝わらないことの方が多いかも知れません。私自身もこうして活動報告や時には新聞社に記事を送ったりして、言葉を間違えてしまっていたり、使いまわしによって異なる解釈となる恐れがある言葉があったり、いろいろと難儀する。 常に正しい言葉でと思いつつも、折々に間違った言葉を使っていた方が読み手も間違いが多い文章と捉えて貰った方が、より正しく伝わる可能性もあったりする。いずれにしても言葉は本当に難しい。受け取る相手側の知識や経験や性格によっても称賛したつもりの言葉を不愉快に感じてしまったり、遠回しに問題点を指摘したつもりが褒められたと勘違いして感謝されてしまうこともある。いずれにしても相手があっての意思疎通なので思い通りに行き難いのは当たり前だと思った...
続きを読む | 閲覧(180) 
11月
17 (木)
カテゴリー  守破離の離
油断をするとすぐに誇りが溜まる。日々の掃除が厄介だけど、これをコツコツと積み上げないと後々に後悔するので仕方なく身に着くまでやっていく。「心」の話ね。 日常に流されて、大切なことも忘れてしまうので記憶にあるうちに記録に残しておこうと思う。もちろん、最期には全て消えてなくなるので無意味ともいえるけど、最初から最後まで全てゼロで良いという訳でもなく、トータルで過不足なくゼロの方向に向かいたいので、生きている間は右往左往させていただこうと思ってます。 で、先ずは高体連のある先生の思い。殆ど誰の目にも触れることもなく、また敢えてそれを見えるように伝えようともしない。だから私から伝えてみようかなと思った。 あの先生は、あなたが思っている以上にあなたのお子さんのことを思っているよ!という点。もちろん、構成比率があるので、あなたがお子さんのことだけを思ってあげられるような濃さはないけれど、何十人、学校全体なら何百人、何千人という生徒を相手にしながら、最良である道を模索して、コロナとか様々な情勢を鑑みながら最大限の努力をしていることを私はあなたに伝えたい。 もちろん、完璧ではないとは思うけれど、日常の...
続きを読む | 閲覧(156) 
11月
4 (金)
カテゴリー  守破離の離
ようやく片を付けたはずなのに、いま再び「煩」がやって来て私の人生をつつこうとしている。本当に困ったものである。煩を放置して溜め込んでしまうと後悔が増えると学んで来たので日々、コツコツと向き合っていくしかないのかと考えると、これがまさに「煩」であり、いち煩悩具足の凡夫としては難儀するしかないのである。 ただ感覚としては48年目で何となく節目を感じ、先日の登山後は今までで最もゼロに近くなったので生まれ変わったような気持ちが少しあり、この有難い二度目のスタートは更に後悔の少ないように心掛けて大切に過ごしたいと思ったりしています。 それでも煩に邪魔されて、心も常に変化をしてしまい安心できず諸行無常を実感しつつも未だ真理に翻弄され、正見に至らず。  という訳で(なにが?)私が日頃よりお世話になっている野口先生、小澤先生が主催している日本空手道振興協会さんの大会にお邪魔させていただきました。この大会に顔を出させていただいている理由は、単純に恩返し。ただ、恩返ししたいと思っているものの、結果的には楽しい時間や想い出などなど様々なものを頂いてしまっているのが実情。トータルで過不足なく、珍しく気持ち的に...
続きを読む | 閲覧(281) 
10月
23 (日)
カテゴリー  守破離の離
朝、目を覚まして起きる。当たり前のようだが 実は目が覚めない日が必ず来る訳で、目が覚め て呼吸している今が有難いことであると感じら れるように残りの時間を過ごせたら嬉しい。  という訳で、筋力が低下する前に、手足が動 くうちに、言語が使えるうちに、呼吸ができる うちに、出来そうなことを出来るだけやってお こうという計画を立てながら日々を楽しませて いただいております。私には数人の恩人という か師匠がいて、生き方の師匠や仕事の師匠、倫 理観の師匠や破天荒の師匠、そして金銭や経済 に関する師匠がいて、多くを学び現在の私がい ます。他にも袖振り合うも多生の縁で、多くの 人に支えられ、今があります。  ここ数日を振り返ります。先ずは、近畿少年 少女大会なのですが日程を確認して天候が良け ればスケジュール調整次第で登山に行けそうな 感じでした。どうせ奈良に行くなら途中で剱岳 に登ってから行こうという計画です。天気を調 べてみると悪くない感じ。基本的に山の天気を 調べる際は少なくとも3つ以上の天気サイトを 調べるようにしている。それでも自然には敵わ...
続きを読む | 閲覧(746) 
10月
22 (土)
カテゴリー  守破離の離
言葉みつからず、このタイトル。一応、素直な心の声で、あまり時間がないのと今夜心臓発作で死ぬかも知れないので、取り急ぎ感謝の気持ちと有難い日々と出来事にありがとうを綴って本日を終えておこうと思って綴ります。文章化したいのですが余裕がないので、短文で書こうと思ってます。・近畿少年少女大会に行って来ました。「ありがとう!」・大会前に僅かに時間があったので一般ルートで剱岳に日帰りで行って来ました。「ありがとう!」・メールで近況報告とか嬉しいメッセージをくれた保護者さん「ありがとう!」・Takiさん、ももの味がするお水「ありがとう!」・ラインで笑わせてくれたあなた「ありがとう!」・お電話くれた方「ありがとう!」・劔山頂で意気投合してカニのたてよこばいを共にしてくれた初見の方「ありがとう!」・東日本実業団大会に行って来ました。「ありがとう!」・大会前に時間があったので赤岳に日帰りで行って来ました。「ありがとう!」・何となく空を見上げたら満点の星空。あとで知ったけど、流星群?だったみたいね。「ありがとう!」・会場で声をかけてくれたあなた「ありがとう!」・初めてのトレランシューズ。想像以上に良すぎて感...
続きを読む | 閲覧(225) 
10月
12 (水)
カテゴリー  守破離の離
雲切新道経由で北方稜線に挑みましたが、 見事に失敗して帰って来ました。いろいろ 言い訳をしたブログを一度は書いたのです が、そちらは自分だけの想い出として非公 開にしておいて、心新たに活動日記を綴っ ている次第です。失敗の多い人生ではある のですが、後悔は少なめです。今回も天候 悪化や予期せぬヘリ荷揚げなどがありまし たがトータルで良い経験が出来ました。  それから関東大学大会に行って来ました。 久しぶりに行って良かったなと思える大会 でした。男子団体組手の決勝戦では、本当 にお互いの闘志がみなぎる熱い試合展開で 私が個人的に大好きだった松崎選手たちの 時代を少し思い出して、日本の空手を感じ られて嬉しい気持ちになりました。出場さ れた大学生の皆さんに心から感謝したいと 思います。  んで、心の変化についてですが人の心と いうは変化し続けるもので私自身、最もア テにならないのが自分であると認識してお り、自分の言動や心の変化に対応しきれて いないこともあり、一貫性はなく常に自分 にとって都合の良い解釈ばかりして我なが ら辟易してし...
続きを読む | 閲覧(634) 
9月
29 (木)
カテゴリー  守破離の離
八千代市大会のフォトムービーを何とか作り 終えた。出先で編集したために非力なパソコ ンと非力なネット回線だったので出力に7時 間、アップに1時間程度を費やしました。職 場でやったら恐らく一時間程度の工程かな。 出力はPCを放置してそのまま就寝しました。  実は日曜日に再び登山に行って来ました。 今回は体力のチェックです。特に脚力に不安 があったので、いわゆる健脚コースを私が選 択しても大丈夫であるかの確認です。そうい えば剣客商売って時代劇があったように記憶 しています。まぁ、正式には"けんかく"です けどね。とりあえず神奈川県最高峰である蛭 ヶ岳に日帰りで行って来ました。青根の登山 口まで車で行って、頂上を目指しました。  出発(6:02)→青根分岐(7:05) →姫次(7:44)→蛭ヶ岳山頂(9:00) 休憩1時間→下山開始(10:10)→青根 分岐(11:30)  時間が余ってしまったので黍殻山避難小屋 で小休止。夕方には御殿場西高校に行く予定 だったのですが、まだまだ時間に余裕がある ので軽食をしてから避難小屋から...
続きを読む | 閲覧(446) 
57件のうち1 - 10件目を表示しています。

お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp