協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  桜梅桃李  >  渡辺亮介さんから学ぶバケットリスト

admin2 さんの日記

2024
3月 16
(土)
13:40
渡辺亮介さんから学ぶバケットリスト
カテゴリー  桜梅桃李
タグ 
本文
What's up? everybody!でお馴染み?
のリョースケさん。彼の映像から海
外の文化を学んだりさせていただい
て、有難いなと感謝すると同時に本
当に便利な世の中になったぁと思っ
たりしています。単純に彼のような
行動力がある若者を尊敬してしまう。
そして何よりもいい表情をしていて、
見ているだけで元気を貰えます。

リョースケさんのチャンネル

 バケットリスト(BUCKET LIST)
とは人生でやりたいことを意味する
言葉で、これを真剣に考えることは
自分の死も見つめることとなり、諸
行無常の真理に気が付くことでもあ
るので、暇がある人はぜひ自分自身
のバケットリストを考えてみるのも
良いかと思います。

 で、私自身のバケットリストは既
に第一段階のフェーズは完了してい
て、特にやり残したと後悔するほど
のものはありません。なので、一応
は今死んでも仕方ない程度だと思っ
ています。ただ、実際に死んだこと
がないので、その瞬間まではわから
ないですが、一応はそこを目指して
後悔の少なめの人生を願って準備を
してきたので、相応の結果ではある
のではないかと思ったりしています。

 そうは言っても生きていると様々
なことは起きてしまい、片付けても
片付けも次から次へと大小の課題は
発生してしまいますね。それでも後
悔は少な目で、生まれて半世紀を前
にして、かなり整って来たなという
のが現状です。

 この間、熊野古道の散策に行って
きました。これは今後の時間の使い
方の練習で、4月以降はリタイア生
活に入るのでプチリタイアのテスト
がてら1週間という制限の中で、旅
行と登山と日常生活と通信などの環
境構築のテストをして来ました。ま
ぁ、上々でした。

 これまで空手に投じて来た分も、
他の分野に投じることにしましたの
で4月からは恩返し程度で空手との
お付き合いをしていきます。徐々に
準備が整ったら、更に少しずつ手放
して行けたらとは思っています。意
図的に積極的に人生を変えて行こう
と思っています。これが良いのか悪
いのかは別で、今までとは違うこと
を敢えてやっていこうとは思ってい
ます。失敗したら、その時はその時
です。

 いろいろと順調に片付いているの
ですが、相応に人生をつつかれるよ
うな案件が発生したり、面倒でも向
き合わなければならないこともあっ
て、逃げずに真摯に対処するように
しています。例えば相続案件ですが、
全て財産放棄することを決めて、そ
の処理をいたしました。一応、お金
を必要とすることもないですし、余
計なものを手に入れると手放すのも
面倒ですし、ロクなことに使わない
ので全て放棄。実行する際には、や
はり雑念に惑わされたりもして、我
ながら弱い部分も見えたりしました
が、無事に手放すことに成功。それ
なりに訓練してきた結果が出せたよ
うな気がします。

 そそ、来月に屋久島に行くことに
なりました。経緯は複雑なんですけ
どね。とにかく屋久島に行きます。
 実はお世話になった方も屋久島に
行きたいって話があったのですが、
結局はソロで行きます。一緒に行け
なくて申し訳ないのですが、一人で
勝手に屋久島に行って来ます。今は
その旅程を組んだりしています(笑)

 沖縄とか北海道でも良かったので
すが、沖縄と北海道は相応に行って
ますし、登山を絡めて、のんびり旅
行と思ったら屋久島が適地だったの
で、リタイア最初の遠征登山は屋久
島にしました。まぁ、宮之浦岳を筆
頭に太忠岳とか石塚山とか高塚山と
かに行けたらと思ってます。雨が多
いと思うので臨機応変に遭難しない
ように計画中です。一応、ロープを
持参してバリエーションも予定して
います。

 そうそう登山の中でのバケットリ
ストが1つ残っていて、それが北方
稜線になります。そこに向けて様々
なトレーニングを重ねたりしていま
す。ただ、過去に一度歩いているの
で未完で終わっても仕方ないかなっ
て程度です。ですが、今一度あの景
色を眺めたいという欲望を消すこと
は出来ていません。で、相応に危険
な場所ではあるので仮に死んでも仕
方ないかなという程度に身辺整理し
てから向かう予定です。去年も一度
は準備したのですが天候に恵まれず、
池ノ平小屋にて撤退しました。

 屋久島では5日間程度の山行を計
画して、北方稜線の練習をする予定
です。雨も多いので雨のツェルトビ
バーク練習も出来そうですし、旧道
は道迷いもしやすいと聞いているの
で地図読みの訓練もして来ます。も
ちろん、木乃伊取りが木乃伊になっ
ても困るので相応に準備して屋久島
を楽しんでくる予定です。一応の最
悪のシナリオとしては大雨で入山も
できず、飛行機も船も飛ばずに1週
間程度強制滞在で帰宅です。それで
も満足なので、身体が動くうちにや
れることをやっておきます。

 普通の観光であれば老後でもでき
るので今回はあくまでも登山技術を
高めるための屋久島遠征ですね。あ
とせっかくなのでタイミング(特に
天気)が合えばバリエーションで楊
子川を遡行して花之枝河まで歩きた
いと思ってます。なんだかんだ言っ
てかなり欲張りな計画。とりあえず
完全防水のリュックと屋久島記録用
にGOPROを調達しておく(笑)

 今月末には京都で空手のイベント
があるので、戻り次第、遠征となる。
屋久島の次は北海道1周に行けたら
と思っているが、なかなか空手のイ
ベントなどもあって長期滞在が難し
いので今年は厳しいのかも知れない
けれど、そこも相応に準備をしてい
く。こんな感じで行動していけば、
自然と考え方にも変化があると思う
ので、自然に任せて変化をさせて行
きたい。

 特にバケットリストに記載するよ
うなものは1つもない。しいて何か
書けと言われたら北方稜線くらいか
な。第一フェーズから今日まで、私
のバケットリストに「優勝」とか「
争奪」という文字を使うようなこと
はなかった。有難いことである。先
のことはわからないので、私の人生
において今後、優勝とか争奪という
言葉に向かって生きることがないよ
うにだけはしたいと切に念願する。

 やりたいことよりも、やらないバ
ケットリストの方が大切かな。


閲覧(142)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp