協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  桜梅桃李  >  養老孟司さんから学ぶ感覚の排除

admin2 さんの日記

2023
12月 28
(木)
01:52
養老孟司さんから学ぶ感覚の排除
カテゴリー  桜梅桃李
タグ 
本文
河北新報杯に行って来ました。
試合を近くで拝見していて肌感
覚で同じ技なんてないよなと思
いながら「上段突き有効」とか
「中段蹴り技あり」なんてシー
ンを数多く見た気がする。

 ケガに関しても打撲とか脱臼
とか骨折とか同じような言葉で
処理をしてしまう。もちろん可
も不可ない話であり、何かを否
定する話でもない。ただ感覚的
に一緒ではないという心の声が
どうしても拭えない。

 全体的な知識の総意で勝利と
か反則などと言われたりしてい
る。そういう競技だから、それ
に従うのは当然だとは思うのだ
けれど、恐らくは、この中に1
人くらいは肌感覚で理解ができ
ず受け入れ難い感覚を持つ人が
いるのではないかと思ったりも
している。まぁ、少数であろう
から時間の経過とともに別のと
ころに居場所を求めるのだろう
と思う。

 能力があって賢い人たちは、
何事もスムーズに受け入れるこ
とができ、うまく順応していけ
るのだと思う。正にA=Bに何
ら疑問を持たない優秀な人々だ。

 空手も知識と言葉とシステム
が要となり、痛みとか体温など
は結果には反映されないし、結
果は全て文字と数字で表される
ことになる。彼女の流した涙の
量も、仲間の勝利を喜んでいた
アイツらの笑顔も記録に残るこ
とはないのかも知れない。でも、
一応あの場所で感じた記憶は見
せることは出来ないけれど実際
に胸の中にあったりする。

 みんな、きっと少しずつA=
Bを受け入れられるようになる
と思うのだけれど、どうしても
受け入れられない仲間がもしか
したら一人くらいあの中にいる
のではないかと妄想したりして
いた。

 良いとか悪いとかじゃなくて
単純に「ちがうんだよなぁ」っ
て叫び・・・。なんか聞こえた
ような気がしたんだよなぁ。。

▼養老孟司先生インタビュー記事リンク
https://www.ideesmontessori.com/special/1196.html


追記
YouTubeとかWebとかスマホ画
面とかで空手を見ても全部知識
でしかないということなのです
が、伝わりますか。全て「つも
り」であるということ。そのよ
うに見えるだけであって実際で
はないので感覚は全く受け取れ
ないはずです。空手の試合映像
も良いですが全て頭の中の知識
の領域のみで処理されていて、
錯覚とまでは言いませんが、あ
なたが見た映像は0と1で処理
したデジタルデータから色とか
動きを頭の中の知識で得ただけ
であるということ。でも、実際
に見たつもり、行ったつもりに
なって、わかったつもりになっ
ていたりしませんか?
 脳内活動だけで人生を終わら
せるのも一つの人生かとは思い
ますが、身体が動くうちに動か
しておくのも一つの人生です。
 どうか間に合いますように!


閲覧(175)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp