協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  大会報告  >  全国最高拳士集う!第36回桃太郎杯

admin2 さんの日記

2023
1月 4
(水)
20:06
全国最高拳士集う!第36回桃太郎杯
カテゴリー  大会報告
タグ 
本文
第36回桃太郎杯全国高等学校空手道錬成
大会は、令和5年1月4日(水)岡山県総合
グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
にて開催され、第一日目は個人戦が行わ
れ全国より男子108名、女子95名がエント
リーし競技が行われた。

 新型コロナウイルス感染症の影響によ
り3年ぶりの開催となり、様々な制約のあ
る中、参加した学校の多くが勝利至上主
義に陥ることなく桃太郎杯の開催趣旨に
賛同し、男子53校、女子43校が一堂に会
して最高の試合が繰り広げられた。

◆本大会女子個人組手
【岩城来幸(華頂)が10年ぶり頂点へ】

 女子95名の頂点に立ったのは岩城来幸
(華頂女子)。決勝戦、岩城と対戦した
のは髙砂蕾花(福工業大学附属福井)。
試合早々から岩城が自分のペースに誘い
込む。前に詰め寄る髙砂に対して、すか
さず左の上段逆突きを決め1ポイント先
取。その後は一進一退の攻防が続き、残
り40秒、何とか追いつこうと再び前に出
た髙砂の中段を岩城の左拳が捉えて2−0
とする。攻め入る髙砂に再び上段を合わ
せた岩城は3−0とし勝利を収めた。岩城
は桃太郎杯女子個人組手において、第15
回大会にて現監督の荒賀知子、第26回大
会にて篠原渚につづく華頂女子、10年ぶ
り3回目の優勝を手にした。

 決勝戦に勝ち上がった髙砂と同じ福井
工業大学附属福井の大田花希も学年・階
級差のない大会において小柄ながら気迫
溢れる素晴らしい試合で第三位の成績を
収めた。尚、女子個人組手成績一覧は下
記のとおり。

第一位:岩城来幸(華頂女子)
第二位:髙砂蕾花(福井工業大学附属福井)
第三位:大田花希(福井工業大学附属福井)
第三位:大石 綺(常葉大学附属菊川)


◆本大会男子個人組手
【福井工業大学附属福井が悲願の初優勝】

 桃太郎第36回目にして悲願の初優勝を
遂げたのは下村彪馬(福井工業大学附属
福井)。エントリーナンバー1番となった
下村、並み居る強豪を相手に決勝戦まで
駒を進めた。決勝の相手は石川碧汐(瓊
浦)。序盤からプレッシャーをかける下
村の圧に耐えかねた石川がワンツーで仕
掛けるも狙いすました下村が左の上段を
合わせて1ポイント先取。同じを轍を踏
まじと一歩も引かない石川、形勢が逆転
しかけるも攻撃に精彩を欠き、なかなか
ポイントに繋がらず我慢の組手が続く。
両者の駆け引きは続き、時間が経過して
行く。不活動により石川にC2ペナルティ
が与えられる。残り50秒を切ったところ
でワンツーで飛び込んで行った下村に対
して石川が左上段を合わせて1ポイントを
奪取し1−1とするも、続けて不用意な前
蹴りで前に出たところに下村の刻みを貰
い2−1。残り時間15秒、意地を見せたい
石川も下村の僅かな隙を縫って左上段を
決めて2−2とする。先取を取っていた下
村だったが最後まで攻めの姿勢を崩さず
残り0秒、石川が居着いた瞬間に決勝打
となる右上段刻みを放ち、3−2として
勝利を収めた。福井工業大学附属福井
としては嬉しい悲願の初優勝となった。

 下村は準決勝において鈴木健太(世田
谷学園)と対戦し8−0で勝利を収めてい
る。鈴木は日本代表選手として活躍する
選手であるが、メンホー着用ということ
もあるが珍しく8−0という結果となった。
鈴木にとっては厳しい結果になったが、
この錬成大会での経験を糧に世界の舞台
で活躍してくれることに期待したい。尚、
男子個人組手成績一覧は下記のとおり

第一位:下村彪馬(福井工業大学附属福井)
第二位:石川碧汐(瓊浦)
第三位:鈴木健太(世田谷学園)
第三位:石濱慶嗣(福井工業大学附属福井)

 今年は本大会のみであったが全く予想
のつかない試合ばかりで思わぬ結果も多
かったのではないかと思われる。岡山県
勢では篠原愛翔(倉敷)が1年生ながら
活躍を見せてくれた。また特筆すべきは
福井工業大学附属福井であろう。個人出
場枠各男女2名のうち、全員が入賞すると
いう素晴らしい成績を残した。福井工業
大学附属福井といえば積極的なボランテ
ィア活動で知られており、福井県豪雨災
害の際も地域ボランティアとして活躍を
してくれたのは記憶に新しい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/db7ced3f51f8af507353bd883052b71ce55168b9

 新型コロナウイルス感染症の影響によ
り大会運営も大幅な変更を余儀なくされ
つつあるが、並行して「最強の人から最
高の人へ」の具現化が進み、少しずつ成
果が現れてきているのではないだろうか。
 今回の福井工業大学附属福井の大活躍
は同じ高体連空手道専門部で活動する部
活動全体の誇りでもあり、高校空手の変
革の兆しを感じる結果でもあった。

 新年早々に素晴らしい成績を収め、歴
史に名を刻んだ福井工業大学附属福井。
明日の団体戦も楽しみであるが、チャン
スは全ての参加校に公平に与えられてお
り、高校拳士の今後の熱戦に期待は高ま
るばかりである。

 明日5日(木)、男女団体組手本大会
が行われる。

※敬称略

閲覧(418)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp