協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  忘れる前に思いを綴る

admin2 さんの日記

2022
11月 17
(木)
13:39
忘れる前に思いを綴る
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
油断をするとすぐに誇りが溜まる。日々の
掃除が厄介だけど、これをコツコツと積み
上げないと後々に後悔するので仕方なく身
に着くまでやっていく。「心」の話ね。

 日常に流されて、大切なことも忘れてし
まうので記憶にあるうちに記録に残してお
こうと思う。もちろん、最期には全て消え
てなくなるので無意味ともいえるけど、最
初から最後まで全てゼロで良いという訳で
もなく、トータルで過不足なくゼロの方向
に向かいたいので、生きている間は右往左
往させていただこうと思ってます。

 で、先ずは高体連のある先生の思い。殆
ど誰の目にも触れることもなく、また敢え
てそれを見えるように伝えようともしない。
だから私から伝えてみようかなと思った。
 あの先生は、あなたが思っている以上に
あなたのお子さんのことを思っているよ!
という点。もちろん、構成比率があるので、
あなたがお子さんのことだけを思ってあげ
られるような濃さはないけれど、何十人、
学校全体なら何百人、何千人という生徒を
相手にしながら、最良である道を模索して、
コロナとか様々な情勢を鑑みながら最大限
の努力をしていることを私はあなたに伝え
たい。

 もちろん、完璧ではないとは思うけれど、
日常の学校業務に加えての部活動、内心で
は最近、子どもたちの練習をみてやれてい
ないなぁ、、、とか反省しつつも学内での
問題対処に追われたり、膨大な事務処理に
追われつつ、僅かな時間を探しては部活動
に顔を出し、生徒を褒めたり楽しませたり、
悩んでいる子に声をかけたり・・・。

 人と人だから正しい答えなどない。生徒
も教師も人間だから試行錯誤しながら相手
と向き合っているのだから、お互いがお互
いの気持ちを尊重しあい、思いやりの心を
持たなければ良い結果などありえない。

 あなたの言いたい気持ちもわかるけど、
同じくらい相手の立場も考えてみて欲しい。
あの人は、あなたのお子さんに100%と
いう訳にもいかない。10人いれば単純平
均で10%となるのは当然である。それで
も良く考えてみればわかると思うけど、先
生の努力によって100%を超える不思議
な構成比率を生み出して高体連の空手道と
いう部活は回っているのである。

 マイナス面、確かにわかる。失敗や間違
いもある。それもわかる。だけど、もう少
し黙って、信頼して預けてみては如何だろ
うか。あの先生は、知っていますよ。自分
自身の不甲斐なさとか欠けている部分とか。
それでも少しでも生徒のためにと動いてい
るんですよ。あまり言葉にしない人ですし、
人間だから好き嫌いもあると思います。

 あなたは仲間がいて先生の問題点につい
て相談できる相手がいるかも知れませんが、
あの先生は一人で抱えながら言いたいこと
をグッと堪えて「負けてなるものか!」と
やっています。だから、全幅の信頼を!と
はいいませんので、もう少し、砂粒1粒程
度で構わないので、その怒りや自分視点の
気持ちを少し手放して、あの人に寄り添っ
てみて欲しいのです。

 そして、冷静になれば理解できていて、
そうすることが回りまわって、あなたの大
切なお子さんに巡ってくるということ。目
先の結果ばかり焦らずに一度しかない人生
の一期一会に感謝をして、今少し思いやり
を持って接して貰えたらと思っています。
先生とタッグを組むことでより良い結果を
得られることは何よりもあなたが直感的に
わかっている真理だと思うのです。だった
ら、ここは一つ、大人であるあなたが少し
未熟な先生のために一肌脱いでやってくだ
さいよ!もうあまり時間ないですよ・・・。

 一応、私からのお願いです。


閲覧(156)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp