協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  いま再びの「煩」

admin2 さんの日記

2022
11月 4
(金)
11:30
いま再びの「煩」
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
ようやく片を付けたはずなのに、いま再び
「煩」がやって来て私の人生をつつこうと
している。本当に困ったものである。煩を
放置して溜め込んでしまうと後悔が増える
と学んで来たので日々、コツコツと向き合
っていくしかないのかと考えると、これが
まさに「煩」であり、いち煩悩具足の凡夫
としては難儀するしかないのである。

 ただ感覚としては48年目で何となく節
目を感じ、先日の登山後は今までで最もゼ
ロに近くなったので生まれ変わったような
気持ちが少しあり、この有難い二度目のス
タートは更に後悔の少ないように心掛けて
大切に過ごしたいと思ったりしています。
 それでも煩に邪魔されて、心も常に変化
をしてしまい安心できず諸行無常を実感し
つつも未だ真理に翻弄され、正見に至らず。 

 という訳で(なにが?)私が日頃よりお
世話になっている野口先生、小澤先生が主
催している日本空手道振興協会さんの大会
にお邪魔させていただきました。この大会
に顔を出させていただいている理由は、単
純に恩返し。ただ、恩返ししたいと思って
いるものの、結果的には楽しい時間や想い
出などなど様々なものを頂いてしまってい
るのが実情。トータルで過不足なく、珍し
く気持ち的には行って帰ってゼロに近い大
会なので継続しやすいと感じています。

 一応、判断基準は集まる人のような気が
していて振興協会の大会は「煩」が非常に
発生しにくいのが有難いです。煩はあって
も煩と感じにくいというのが正しいのかも
知れないけれど、それらは野口先生や小澤
先生のお陰で全くそういうことは感じない。

 久しぶりに東京都の高校新人大会に行っ
て来ました。土日も伺う予定です。しばら
くぶりにお邪魔させていただいてコロナの
影響もあり、雰囲気は大きく変わっていた
印象です。無観客でもあったので試合は粛
々と行われましたが、高校の部活動という
点においては、昔も今も変わらずに清々し
い高校生の姿がそこにはありました。

 帰宅してから、いくつかの大会のお誘い
をいただいたのですが直近の依頼ばかりで
既に先約があり、残念ながら全てお断りを
させていただく運びとなりました。時間さ
え都合が合えば行きたかったので残念です。

 話は変わりますが、雪山登攀で使ってい
るカラビナを新調したのですが耐荷重とか
性能について調べてみたのですが、細かな
技術革新はあるものの何故か耐荷重性能の
向上がないのは何故か?と思って調べてみ
たら案外あっけない結論があって、大雑把
ですが人は約12kNで死に至るそうで、クラ
イミング用の25kNもあれば十二分で、これ
以上の耐荷重性能を持っても意味がないと
いうのが理由だそうです。

https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=235

 登攀用のいろいろな器具が20kNから25
kNで作られている理由が分かったのは良か
ったのですが、逆算されているのも知って、
少し怖くなったというか、器具の耐荷重性
能を気にする前に自身の体力と技術の心配
をする方が最優先だったみたいです(笑)

 今年度は河北杯・桃太郎杯が開催される
方向なので日程を調整して行きたいと思っ
ています。前後で時間があれば雪山ハイキ
ングにも行けたらと思っています。
 先日、日帰りで行ってきた赤岳の映像を
アップしてみました。
https://youtu.be/3Ts2x0GF1bA
 

 



閲覧(281)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp