協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  ココロコロコロ

admin2 さんの日記

2022
10月 12
(水)
13:42
ココロコロコロ
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
雲切新道経由で北方稜線に挑みましたが、
見事に失敗して帰って来ました。いろいろ
言い訳をしたブログを一度は書いたのです
が、そちらは自分だけの想い出として非公
開にしておいて、心新たに活動日記を綴っ
ている次第です。失敗の多い人生ではある
のですが、後悔は少なめです。今回も天候
悪化や予期せぬヘリ荷揚げなどがありまし
たがトータルで良い経験が出来ました。

 それから関東大学大会に行って来ました。
久しぶりに行って良かったなと思える大会
でした。男子団体組手の決勝戦では、本当
にお互いの闘志がみなぎる熱い試合展開で
私が個人的に大好きだった松崎選手たちの
時代を少し思い出して、日本の空手を感じ
られて嬉しい気持ちになりました。出場さ
れた大学生の皆さんに心から感謝したいと
思います。

 んで、心の変化についてですが人の心と
いうは変化し続けるもので私自身、最もア
テにならないのが自分であると認識してお
り、自分の言動や心の変化に対応しきれて
いないこともあり、一貫性はなく常に自分
にとって都合の良い解釈ばかりして我なが
ら辟易してしまうこともあります。そんな
情けない自分と死ぬまで付き合って行かな
ければならないので、ある程度の落としど
ころで失敗や間違いを自分自身で許してや
らないと生き残れず、みっともない話です
が自分に甘い自分がいて情けなさも感じて
います。

 心の変化には本当に参ってしまうことが
あります。好きだったものが嫌いになり、
嫌いになったものを再び好きになり、また
飽きてしまって嫌いになったりと・・・。
 同時に時に便利でもあり、時に不便な側
面もあるのが、人間の「忘れる」という機
能で肝心なこともすっかりと忘れてしまう
ことがありますね。特に私は自分勝手な人
間なので、都合よく忘れ、都合よく思い出
し、言ったこととやっていることが真逆の
時もあったりします。困ったものです。

 我ながら自分ほど信用できない人物はい
ないのではないかと思ったりもしています。
一応、多少なりとも自覚があるだけ自問自
答する際の救いにはなっておりますが、本
当にズルい人間であるのは確かです。

 それでも自ら死ぬという選択もできず、
とりあえず妥協し、自分を甘やかしながら
生かさせていただいているのですが、登山
など大自然と触れ合うことで様々な発見と
こんな自分でも、一応は生きてて良いのか
なとか思ったりして、せっかくのこの人生、
多少は人のお役に立てたり、誰かを喜ばせ
ることが出来たら本望かなと・・・。

 あとは振り返ったときに多くの感謝を伝
えて、自分なりにコツコツと歩んだ雰囲気
が心の中に僅かでも残れば充分かな。最終
的には諸行無常でトータルで過不足のない
ゼロに戻っていくのだと思うので、気負わ
ずにゼロの瞬間まで、自分にできることを
積み重ねて行こうと改めて思っています。

 大惨敗の登山の映像をアップしてみます。
50歳まで少し時間があるので本当にタイ
ミングが良ければ再チャレンジしたいと思
っています。今回は雪予報で引き返した部
分もありましたが同じくして白馬では遭難
死された方もおられて、目標は達成できま
せんでしたが目的は達成できたのではない
かと思っています。



 関東大学選手権を少し振り返ります。数
日前に元首相の国葬儀が行われた日本武道
館に向かいました。空手を通じて日本武道
館に何度もお邪魔させていただいて、この
ような場所にご縁をいただいて当たり前の
ように入場していることに改めて感謝しつ
つ、内心では少し面白みを感じなくなって
しまっている空手の大会会場に足を運びま
した。

 会場に入ると顔見知りの方々と挨拶をし
て、雑談をしたりしました。これはこれで
大変に有難いことで楽しい時間でもありま
す。同時に再会が叶わない方々もおられて
少し前にここで会話をしたあの人には、も
う会えないのかとか思ったりしました。

 やはり日本武道館は大会の空気感が違う
ように感じますね。格式の高さとでもいう
のでしょうか。この大舞台に小学生くらい
の頃に知り合った子たちが大学生になって
試合に参加するようになっていて時間の経
過の早さと気が付けば凛々しく成長した皆
さんが別の世界に行ってしまったかのよう
に感じたりもして嬉しくもあり寂しくもあ
り不思議な気持ちになりました。

 会場全体の雰囲気は10年前くらいとは
全くことなり、非常に和やかで妙な圧力な
どを感じるようなこともなく、試合前に睨
みつけてくる感じの人もいなかったように
思います。結局はないものねだりなのかも
知れませんが可も不可もなく、その反対が
あってこそ今があるのかなとか思いました。

 あまり偏ってしまうのは良くないのは承
知の上で、この日は少し交流のある人たち
を中心に撮影を試みてみました。言葉にし
て綴ってしまわない方が良いかも知れませ
んが、とりあえず今の気持ちと心の声に従
って思うがままに綴ってみます。もしかし
たらココロコロコロで削除したりするかも
知れませんが、その際はご容赦ください。

 パッと思い浮かんだのは敬称略で失礼し
ますが大雅・辰丸・駿貴・晃太・愛理・え
り・音乃・結衣子あたりかな。少しずつ距
離を縮めて撮影開始。あまり近付き過ぎた
りして邪魔をしてはいけないし、その場の
空気を感じながら久しぶりにワクワクした
撮影が出来ました。

 僅かばかりですが撮影をさせていただい
た写真を下記にアップしておきます。あと
学連のWebSiteの方に帝京大学さん、国士
舘大学さん、慶應義塾大学さん、東洋大学
さんの集合写真をアップしておきました。

 全体から見ると写真撮影に偏りがあるの
は承知の上で、概ね被写体となった方々に
は相応の恩義があって、今の私がこうして
空手と関わり続けることが出来たのは彼・
彼女らのお陰なのです。そして、保護者の
方にも大変にお世話になっている方がいた
りします。なので、僅かでも恩返しができ
たらと思い、撮影をさせていただきました。

 小学生のころ、泣き虫だったあの子が、
いま私の目の前で名門校と言われている強
豪校を相手に果敢に挑んでいる姿をみて何
とも言えない気持ちでした。とにかく大怪
我しないようにと心の中で願いつつ、あぁ、
いつの間にかトップアスリートとなってし
まい、気軽に呼び捨てで声をかけられるよ
うな間柄ではなくなってしまったのかなぁ、
なんて思って、置いてけぼりになった気が
しました。

 ただ、相変わらずの男子もいて、昔なが
らのノリで私に近づいて来て冗談を言って
来たり、試合の結果報告に来る子もいたり
して、本当に様々あってトータルで過不足
なく今があるのかなって感じでした。

 相変わらず自分でも何を言っているのか
良く分からなくなってきたので、今回はこ
の辺で・・・。

 追伸
日頃よりお世話になっている研治センパイ
と正治センパイが小さい頃から指導して来
られた菜南子・愛理・えりが大活躍してお
りましたので今回は研治センパイへと正治
センパイの恩返しをしたいので東洋多めと
なっております。


あれから10年?

えりののあいり

辰丸

拓己

駿貴

駿貴2

弦大

やまがく

晃太

結衣子

あいり

ななこ・あいり

ななこ

あいりななこえり

えり

ななこ

ななこ

あいり

あいり

おがたせんぱい


閲覧(634)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp