協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  そーか、そーゆーことだったのか

admin2 さんの日記

2022
9月 23
(金)
15:49
そーか、そーゆーことだったのか
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
極力コンビニは使わないようにしているつもりな
のですが、利便性が良いので月に数回程度はコン
ビニを使わせて貰っています。ライブ配信の機材
を発送するときにも使ったりしています。

 ちょっと貧乏臭い話で恐縮なのですが、自動販
売機とかコンビニで飲み物を購入すると高価なの
で基本的にスーパーマーケットで大容量のものを
購入するという生活をしています。小さな節約を
コツコツやることで我ながら上手に家計をやり繰
りしていると思っています。そう言いながらも登
山とかでは1本500円のペットボトルを山小屋
価格で購入したりすることもあり、トータルで過
不足なしという感じですかね。

 で、先日のテント泊の帰りにファミリーマート
に寄って飲み物を購入しました。もう1本無料で
貰えるクーポンが付いていたので貧乏性の私にピ
ッタリだったので良かったです。数日後にクーポ
ンを使って飲み物をいただこうと思って行ったら
品切れとのことで代理の飲み物を購入。結局、無
駄な出費となってしまいました。ホント、最近の
こうした騙しテクニック戦略には参りますね。

 昔の日本だったら、こういうことはしなかった
と思うのですが、これが最先端のグローバルビジ
ネスなんでしょうねぇ。とりあえずファミリーマ
ートには極力行かないように心掛けることを学ば
せていただきました。同じ轍は踏まないようにし
たいです。基本的に騙される方が悪い(笑)

 ライブ配信の機材を御殿場西高校に持参したら
海○子先生がダッシュで来てくれました。新しい
SIMのテストを兼ねているので大雑把に説明し
て機材を預けると、海○子先生から実家で漬けら
れた梅干しをいただいてしまいました。有難く頂
戴しました。大の梅干し好きのT橋さんが居たら
分けてあげられたのに・・・。私も相応に梅干し
が好きなので今回は独り占めさせて戴くことにし
ました。

 コロナのお陰様で静岡県内では様々な宿泊割引
キャンペーンが行われており、毎週のように静岡
のホテルに滞在しまくっています。基本的に殆ど
のプランが半額になっていて、更にクーポンを使
うと無料になってしまったり、タダで宿泊した上
にお土産までいただいてしまう始末。そして締切
ギリギリになって知ったクオカード付きのプラン
を使うと実質的にはプラスになってしまうという
申し訳ないプランまであったりします。とりあえ
ず今月末でイベントは終了ですが、とても楽しい
経験をさせていただきました。

 他にも相模原市ではリモートワーク支援などで
東横インが千円で使えたりします。宿泊ポイント
も付与されるらしいので機会があれば利用してみ
ようかと思っています。こちらは来年の2月末ま
でみたいですね。

 タイトル回収ですが、最近の流行なのか、とに
かく分かりやすく丁寧に説明をして、すぐに結果
が見えるように物事を教える。もちろん、これは
これで可も不可もなく構わないことなのですが、
少し分かりにくくて、大した説明もなく、すぐに
結果が得られないような面倒だったり厄介な内容
が、あとから学んだ知識や経験によって「そーか、
そーゆーことだったのか!」となったとき、それ
を教えてくれた人って偉いなというか凄いなって
思ったりする訳です。私にとっては、こういう人
こそ「先生」って思ったりする訳です。

 医者や弁護士や教師は確かに先生なのですが、
これは資格的な先生というのが私の考え。もちろ
ん、先生であると認識しています。こうした資格
もないのに先生と呼ばれている人たち、例えば政
治家や財界人などは個人的にはクズ的な部類とい
うのが私の考え。あくまでも主観。そして先生と
呼ぶに似つかわしくない技術的にも資格的にも人
間的にも未熟な人同士がお互いを先生と呼び合う
ことで先生を確立してしまう痛い人たちも居たり
して、まぁ、これはこれで先生で良し!として、
同じ言葉でも意味が全く異なってしまうのだなぁ
と日本語の難しさを感じたりもしています。

 で、私に「そーか、そーゆーことだったのか」
を教えてくれた私にとっての先生としては中村哲
医師と立川談志師匠ですかねぇ。いちいち誰にで
も分かりやすく説明したりしないのです。ただ、
その先生の見える目線から事実を淡々と教えてく
れるのです。使う言葉はやや難しくて辞書で調べ
たり、その分野の歴史を学んだりしながら少しず
つ先生の言っていた意味を掘り下げていくのです。

 落語は特殊な分野でもあるのですが、日本の歴
史などが詰まっていて、かつ土地土地の言葉やそ
の分野の人だけが使うような言葉も多く、全体的
な話の流れで意味が伝わる部分も多いのですが、
謎かけのようになっている言葉を本質的に理解し
たとき、まさに「そーか、そーゆーことだったの
か」となる訳です。ある程度の有名な話であれば
あらすじ程度は暗記してしまうもので、頭の片隅
に記憶されていて、それを日々の様々な生活の中
でふと耳にした言葉と合致することがあり、もし
かしてと再び談志師匠の噺を聞き返して改めて、
「そーか、そーゆーことだったのか」ってなるこ
とが今でもあったりします。師匠亡きあとに知る
噺の深さに言葉にならない感謝があるのです。

 更に難しいのが間に合うか間に合わないかとい
う部分です。私も気が付かずに死んでいく内容が
多々あると思うのです。「そーか、そーゆーこと
だったのか」に間に合うか間に合わないかですね。
 空手においても似たような話があって、金城裕
先生がよく「間に合う空手」という感じのことを
仰っていて形にしても組手にしても格闘にしても
試合にしても「間に合っているか?」という問い
を常に投げかけていたように思います。

 効率的に素早く、スピード重視と素人や興味の
ない人にまで無理矢理に分かりやすくするのでは
なく、ある程度上達しなければ見えない世界、熟
練するにつれて見えてくる世界、本質的なことを
見失った状態では見えてくることはないだろうと
思うし、自身の経験をもとに様々な学びを重ね合
わせたとき、実は間違っていた・・・。という非
常に残念な気付きが発生したりして「そーか、そ
ーゆーことだったのか」という大失敗を招く場合
もある。それだけ先生と呼ばれる人の影響は大き
い。本物の先生との出会いがなければ人生の一番
最期に「そーか、そーゆーことだったのか」とい
う間に合わない結果で締めくくる場合もあるので
はないかと思ったりする訳です。まぁ、可も不可
もないお話でございます。

 少し時間があったので鍋割山から塔ノ岳の登山
に行って来ました。せっかくなので筋力アップを
兼ねてボランティア歩荷しつつ、いろいろテスト
をして来ました。お陰で本日は少しだけ筋肉痛で
すが、順調な仕上がりです。最悪時の歩行時間計
算と水分量の計算をして、ほぼ計画通りの結果を
得ることが出来ました。台風一過で沢が少し増水
していて、これも良い経験になりました。

 簡単かつ効率的に時短できるロープウェイやケ
ーブルカーも良いのですが、非常に非効率な上に
敢えてストックを使わずに更に歩荷をするという
面倒なことって普通はやらないからこそ、やった
人にしかわからない達成感とか経験ってあると思
うのです。整った近道も良いですが、悪路を遠回
りするのも、その時は苦しいかも知れませんが振
り返ってみるとかけがえのない宝物に変化する場
合もあるのではないかな。まっ、やってみないと
何とも言えないので、やるやらないは責任を持っ
て自分で決めろ!って感じですかね。

 そうそう、下山中に数名とすれ違いました。で、
もう時間的にもすれ違うことはないだろうと思っ
ていた後半に軽装備な人とすれ違いました。恐ら
く水も大して持っていない感じでしたね。ちゃん
と水場とか知ってれば良いのですが・・・。低山
で山小屋もあるので特に問題はないのはわかるの
ですが、こういうタイプの人が遭難したり山小屋
に迷惑をかけたりするんだろうなと思いました。

 恐らくは天気も調べていないと思います。一応、
この日の天気は午後から雨。しかも山の天気は変
わりやすいので注意が必要です。あの軽装では雨
対策はされていないと思うので、悪天候になれば
夕方には真っ暗になってしまうし、いろいろと心
配な部分を感じました。ニュースにもならないプ
チ遭難は多々あるのだろうなと想像し、とにかく
大事に至らぬことを願いつつ、ただただ大自然に
感謝するばかりです。

 そそ、トレランをされている方々は軽装備です
が、訓練をされている方が殆どで体格や雰囲気で
だいたい分かりますね。ついでに思い出したので
すが山頂で録画していたら熊鈴をリンリン鳴らし
ながら右往左往される年配の先輩がおられました。
 録画中だったので出来れば消音モードをお願い
したいところでしたが我慢しておきました(笑)




手持ち歩荷4L×2

塔ノ岳山頂にて

相模湾を眼下に下山


閲覧(267)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp