協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  浪速のことは夢のまた夢

admin2 さんの日記

2022
8月 30
(火)
18:08
浪速のことは夢のまた夢
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
全国中学生大会で鹿児島に行って来ました。
そして今週はKKRでテレワークして週末に関
西オープン大会にお邪魔する予定です。

 来月からの活動予定の調整をしました。
3日・4日は関西オープン、10日・11日
は和道流全国大会、スポ少の関ブロは検討中
で19日は何とかして八千代市に行きたい。
いつも澤木先生にお声がけいただいており、
日頃のご恩に僅かでも報えたらと思ってます。

 23日から25日は未定です。このあたり
から高校の新人大会が入ったりするので調整
できるように空けておきます。国体はキャン
セルさせていただいて、黒部に備えます。
 あと関東中学生大会もキャンセルして代わ
りに近畿少年少女大会にお邪魔させていただ
くことにしました。一応ライブ配信をやる予
定です。これも新しい方式のチャレンジです。

 そこから少し未定期間があって、全日本大
学選手権大会、神奈川県少年少女大会という
感じですね。機材の貸し出しでライブ配信が
数件。

 タイトル回収。浪速のことは夢のまた夢。
空手関係の人が多くみているので誤解される
人も多いのかな?(笑)
 誤解は誤解である意味で正解であり大歓迎。
特定の学校の話ではなくて、過ぎ行く時間と
儚さについて感じたので触れてみただけ。

 あの人が亡くなって何日かが経過した。す
っかり世間は日常を取り戻し、何事もなかっ
たかのような日々を送るようになった。小学
生だったと思ったら中学生になっており、中
学生だったと思ったら高校生になっており、
高校生だったと思っていたら大学生になって
おり、大学生だと思ったら社会人になってい
た。寅年で一回り上の先輩たちは定年を迎え
ようとしている。とにかく、あっという間だ。

 鹿児島空港に降り立ち、アリーナに向かい
様々な人と交流をする。気が付けば大会は終
わり羽田空港に降り立った。後悔の少ない人
生を目標にしており、過去に戻って過去を変
えるのは不可能なので、将来の過去を変える
ために今を精一杯にやって、振り返った時に
後悔の少ない過去を作り上げる。

 ある先生から電話があり、年末の全日本選
手大会で手伝って貰えないか?という話。私
自身、少し面倒な状況を抱えているので、で
きれば行きたくないので事情を説明する。大
会プログラム等に名前を入れないことなど、
完全に黒子状態であればということで調整す
ることになった。基本的にやることはないハ
ズなのだが・・・。まぁ、必要としてくださ
る人がいるというのは大変に有難いことには
変わりないので感謝をしています。ただ、な
んでお前がいんの?的な視線を受ける可能性
もあるので厄介ではあるかも。

 話題を変えて、言って実行する人、言って
実行しない人、言わないで実行する人、言わ
ないで実行もしない人。これがまた難儀で、
実行すると目に見えるカタチで結果を残した
り、実績を残すことが可能となる。これはこ
れで凄く重要だと思っている。ただ仏教的な
観点からすると実行できなくても、心の中で
思うことに重きを置く部分があって、実行が
できなくても思ったり願ったりすることだけ
でも充分であるし、実行してもしなくても心
で思うことが様々な因果を生み出す原因とし
ていて、そこを理解できるので本当に難儀で
ある。諸々の定義の問題が大きい。

 悪いことは思わない・願わないようにして、
善いことを思い、願うようにする。わざわざ
目に見えるように行動する必要もなく、ただ
自分の心の声に従って行動が伴っていけば、
かなり納得できる結果になるのだろうと思う。
これも思うのは簡単で実現させるのは難しい。
だから、とりあえず簡単なことからコツコツ
と積み上げていくようにしている。

 仏教的な思考を学んだりしていて最近にな
って疑問を抱くようになったのは普及とか発
展に関係する部分で、例えば空手道の普及と
発展を念願し実行するとなると、やはり人口
を増やすことであると思っていた。しかし、
最近は本当にそうだろうか?思うことがしば
しばある。数はチカラになるし、人が多く集
まれば様々なことができるようになる。だか
ら、これが発展なのではないかと思ったりも
する。しかし、本当にそうなのだろうか?

 なかなか深い内容なので今回は深掘りする
のは辞めておくけれど、民主主義的な考え方
で多数派、過半数を超えているものが必ずし
も正しいとは限らず、ごくごく少数の人間が
真理を突いている可能性もあると思う。

 ちなみに下記は高体連の加盟登録状況の資
料で、近日中に今年度分が更新される予定で
すが、オリンピックで大盛り上がりしたので
さぞ加盟数が伸びたかと思いきや横ばいとな
っていて長期スパンで見ると下降傾向にある。
 ちょっと面白いのは我々、空手関係者にと
っては殆ど興味がないと思われる剣道や弓道
の人数を見てみて欲しい。先の話とは少し矛
盾してしまう部分は否めないが、剣道や弓道
から学ぶべき点は多いのではないかと個人的
には思っている。

高体連加盟状況

 まぁ、特に可も不可もなく現状で構わない
とは思っているけれど、日本人に受け入れや
すい文化や環境を整えると、もう少し競技人
口が増えるのではないかと思っている。

 鹿児島で初めて会う数人の中学生と会話を
させて貰ったが、高校で空手を続ける人は少
ないような気がしている。印象的だったのは、
「可愛くなりたいので。」という声。たぶん、
おしゃれをしたいのでという意味だとは思う
が、正直そのままでも充分に可愛い感じの子
なので、こういう子が高校でも空手を続けて
くれたら、高校から新たに空手を始める男子
が増える可能性があると感じたので残念(笑)

 9月になりましたね。軽ハイキングに行っ
たら天候が悪化して大雨になりました。気温
も低くなって自然の素晴らしさを実感。大雨
のテント泊練習をやりたかったのですがホテ
ルに戻ることにしました。夕食は私の大好き
な栗ご飯で、おかわり自由だったので3杯い
ただいちゃいました。

<BR>

閲覧(168)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp