協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  薄れゆく記憶

admin2 さんの日記

2022
7月 12
(火)
14:05
薄れゆく記憶
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
そうして人は忘れていく。あれほどに刺激的で強烈な
インパクトがあったにも関わらず、人は時間の経過と
ともに徐々に過去を忘れていく。そして新たな出来事
によって過去が上書きされ、痛みも悲しみも忘れてし
まう。悲しいようであるけれど、トータルでは過不足
はなく、この忘れるというDNAによって人は前向き
に生きていけるのかも知れない。

 あの人が仏になった。世間では相応に大騒ぎをされ
たようである。あの人と新型コロナ感染による死亡者
1名という数字化された命にどのような違いがあるの
だろうか。そして仏になった人は全てを手放して向こ
うの世界に旅立ったのに、残った人たちは怒りの感情
をあらわにして「許せない」という言葉を発したりし
ている。結局、憎しみを手放さない限り、総合的にみ
て過不足はないと思われるので、また同じようなこと
が繰り返されてしまうので本当に残念でならない。

 民主主義への挑戦などと言っている人もいるが、民
主主義が何たるかを考えたことはあるのだろうか。民
主主義を冒涜しているのはどちらだろうか。智者であ
るならば愚者への愛を忘れてはならない。智者の仮面
を被ったズル賢い為政者の時代は終わりつつある。行
き過ぎた欧米文化によって過不足を発生させてしまっ
たのは似非智者らのミスかと思う。ここに僅かながら
の日本の心を持った令和武士たちが真剣勝負を挑み始
めている。どこまで通じるのかは未知数であるが、基
本的に少数派を応援する立場としては何とかして日本
を取り戻して、自ら命を絶とうとする人たちの一人で
も多くを救って貰いたいものである。異国へ募金する
余裕があるなら、先ずは目の前の同胞の命を救うべし。

 久しぶりに空手を見て来た。とても懐かしいこの感
じは日本人であることに誇りを感じさせてくれたよう
に思う。ここで空手を続けていくには生半可な気持ち
では続けられないと思うので、世間的な空手道の普及
発展という意味においては人数を増やすのは難しいと
は思うものの、この文化は失わないで欲しいと思うの
で妥協せずにJKAを貫いて貰えたら非常に嬉しい。

 世間一般においては欧米式の大衆迎合が優れた経済
価値を発揮して儲けられると思うので、これはこれで
相応に発展して貰えれば充分である。とにかく目立っ
て、どんな手段を使ってでも勝てば良くて、よりシス
テマチックで計算し易い効率的な空手を模索して貰え
ればと思う。その一方で日本人として失ってはならな
い空手もあるのではないかと思い、少数ながらも、そ
こで葛藤しながら精進している方々を心から尊敬し、
応援したいと思う。

 何年、年十年、もしかしたら何百年先になるかも知
れないけれど、少数派と多数派は逆転すると思われる。
もちろん、そうなったら再び少数派を応援する立場に
なるのだが、そんな日が来るのを楽しみにしていたり
する。栄枯盛衰は世の常である。先のことは分からな
いが、何となくその刹那、分岐点を目の当たりにして
いるような気がしている。双方の種まきの様子からす
れば真面目に丁寧にコツコツと種を蒔いる方が少し時
間がかかりそうだが着実に根が広がっていると思われ
る。

 そうそう、また一人食事を共にできる仲間が増えた。
基本的に一人で孤独に食事をする習慣が身に付いてお
り、出先においても何かしらのイベントがあっても基
本的に食事は一人である。そんな中で食事を共にした
いと思える方が少数ながらいる。名前を挙げても良い
くらいだが割愛しておく。職場や家族を除けば10人
にも満たない。この年齢になって食事を共にしたい人
が増えたことには心から感謝したいと思う。この方と
も10年以上の付き合いがあるもののイベント後に食
事をしたのは初めてか、過去に1回くらいだと思う。
 まぁ、とにかく安心して自分の思っていることを言
える数少ない仲間?友人?同志?になるのかな。

 ちなみに友人や仲間と言っても似たような考え方や
価値観の人が多いので、基本的に孤独を好む傾向が強
い人が大半で食事を共にすると言っても年に1回か2
回程度ですね。各々時間やペースがあるはずなので常
に一緒という訳ではないですね。意図的に距離を保っ
ている部分もあるのかな。とにかく、余計な気を使わ
ず、疲れない距離感を保てる数少ない出会いに感謝。

 大会会場で再び舜士に会った。相応にご縁のある人
である。たぶん、旭中の頃から面識があるから、かれ
これ15年くらいは交流があるのかな。彼のオープン
マインドには非常に助けられている。お互いに悪ふざ
けをしてしまうことも多いが、個人的に彼の成功を心
から願っている。たまには想いを伝えておく。

 この会場に集まる人たちは文化的にシャイな人が多
い。人見知りされる方も多く感じる。むやみに笑顔を
見せる人も少なめ。だけど男気というのかな、優しさ
がない訳ではなく、誰かの居場所を奪ったり、誰かを
排除しようというような雰囲気はないので、居心地が
悪くなるようなことはない。もちろん、大怪我をする
可能性の高い場所なので特に試合前は緊張感が強い。
 それでも気さくに声をかけてくれる人もいて、非常
に有難かった。

 そそ、高崎夫妻にも会えたので嬉しかったですね。
行って良かったです。私にとってはベストカップルで
2人が仲睦まじく寄り添って歩いて近づいて来て、声
をかけてくれて言葉には表現できない喜びを感じまし
た。この人たちと知り合えたことは紛れもなく空手道
のお陰なので、こういう点において私は空手に感謝し
なければなりませんね。お二人にはいろいろと楽しい
想い出を貰えましたし、その後輩や関係者とも交流を
広げさせていただいたりして、今でも様々な大会会場
で、お二人の名前を耳にしたりしています。そういう
人と知り合えて本当に感謝しかありません。

 例により、写真は記事とは無関係です。


追記
宮澤さんのニュースがたまたま目に入って来たのでリ
ンクしておきますね。
https://efight.jp/news-20220708_1227413


不立文字

目指せ1000勝!

しゅんぢ総監督

うる星やつら


閲覧(237)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp