協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  明日は我が身・・・

admin2 さんの日記

2022
4月 24
(日)
14:48
明日は我が身・・・
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
埼玉県の高校関東予選会に行ってきました。本当に楽しい
といいますか有意義といいますか学びの多い時間でした。
この件は、また後半で。先にタイトル回収します。

 熊谷のホテルに宿泊したのですが、隣の部屋から大音量
でテレビの音が聞こえて来たのです。試しに近い音量にし
て自ら部屋の外に出て同じように響くようにやってみたの
です。もう尋常ではない音量です。メーカーによって音量
が異なるとは思うのですが約30という設定くらいでした。
 ちなみにテレビは基本的にみないのですが、使用すると
したら私の場合は3〜5で充分という感じです。

 ホテルの滞在時間が短かった点と風呂から上がったら静
かになっていたので特にクレームを出すことはしませんで
した。翌日の夜も似たような感じで作業をしながら少しだ
けイライラしましたが、パンチパーマのおじさんが出てき
ても厄介なので、これも修行と思って過ごしました。

 最終日の朝、朝食に向かうと隣の部屋の方も出てきまし
た。恐る恐るどんな人なのかチラ見したら、ご年配のおじ
いちゃんでした。不適切な言葉かも知れませんが、傴僂男
のような感じで歩く速度もゆっくりでした。

 そう、耳が遠かったのですね。たぶん、本人は何の悪気
もなくテレビを楽しんでいたのでしょう。いろいろと思う
ところはあったのですが、今までの私であれば「うるさい
なぁ、迷惑な人だなぁ。」としか思わなかったと思うので
すが、なぜか不思議と明日は我が身だなぁと感じてしまい、
少しでも健康でいられるように背筋を伸ばして、バランス
の良い食事を心掛けて、自分に悪気がなくても老化ととも
に若い人たちに迷惑をかけてしまう可能性があるのだなと
思い、なんとも妙な心持ちになりました。

 少し話は変わって、テレビと同様に最近のネットニュー
スも不必要なものが増えたように思いますね。あとはアク
セスを稼ぐために中身のないタイトルや過激な文字表現が
目立ちます。記事を読んでみても多くは取材をしていない
状況で警察発表とか記者クラブで配布された資料を適当に
並べただけ。あとは5W1Hのような基本情報がなくて、
伝える気がないのか、アホなのかという感じの記事が増え
たようにも思います。

 で、そんな中で思うのは、とにかく不必要な情報を取り
入れない努力が必要になって来たということです。昔のテ
レビに似てきたということですね。まぁ、発信側(メディ
ア)にいる現場の人間に変化はないので媒体が変化しても
基本的な情報の劣化はテレビや新聞同様ということです。

 みなさんがどうお感じなっているかはわからないのです
が少なくも私にとっては朝ヤフーニュースの見出しを眺め
ているだけで滅入りますね。人の不幸と疎外感を感じるよ
うな文字列、とにかく優しさや温かさがない。人間的な魅
力を感じない。記者の無能ぶりが伺える言葉しか並んでい
ない。学びのありそうな記事が見当たらない。だから見な
いように心がける。自己防衛。

 あの辺に並んでいる記事は数日から数週間もしたら、消
えてなくなるようなものばかり。次から次へと刺激的な文
言を並べて競い合うような状態で殆ど私の生活には無関係
であり、本来なら心を痛めて共感したいような内容のニュ
ースだったとしても文字にしている編集者たちの心の汚れ
の方が目立ってしまい、読む気にもならない。

 なので最近は特にニュースには疎くなっているように思
います。私にとっては海外で苦しんでいる人も確かに大変
であるし共感したいとは思いますが、それよりも目の前で
苦しんでいたり、心を痛めている人がいるので、それどこ
ろではないのです。そんなところに寄付している余裕があ
るなら、カネは要らないから、いま線路に降りようとして
いる人に寄り添っては貰えないかという気持ちです。

 明日は我が身・・・。そう思ったら、仮になにかで失敗
してしまった人であっても責める気にはなれません。もう
少し相手を思いやる気持ちがあったら・・・。もし自分が
その立場だったら・・・。そもそも自分は無関係だと言え
るのだろうか。黙って見ていたり、総意の結果だからと他
人のせいにしてはいないだろうか。みんな何かしらの一翼
を担っている訳だから、その責任はあるだろうに。

 実際に手を出したり、口を出したりしなければ無関係と
いえるのだろうか。心のなかで思っただけで実行さえしな
ければ問題はないのだろうか?こんなにもズルい考えを持
っているにも関わらず、外面だけは誤魔化して良い人を繕
おうとする。それで良くもそんな事がいえたものだと反省
することはないのだろうか。恥ずかしくはないのだろうか。

 言葉や行動にしなくても、心のなかで撒いたタネは必ず
芽を出します。それは自身でなくても誰かが成し遂げてく
れるのです。その因を巻き散らかした責任を放棄してはな
らない。明日は我が身・・・。そう思って貰えるなら、も
う少しだけ他人に対して思いやりを持っても罰は当たらな
いと思います。うまく伝わると嬉しいです。

 さてさて、そんな境地にさせてくれた埼玉遠征ですが、
やはり心の声に従って行動をしていくと後悔は少なめです
ね。とりあえず今回について後悔など全くありません。多
くの気付きと縁と学びがありました。感謝しかありません。

 嬉しかったこと思い出しながら綴ってみます。先ずは、
西倉くんに会えたことです。浦和実業に進学したみたいで
高体連で会えたことに心から感謝です。しばらく会えてい
なかったので覚えてないかなと思いつつ声をかけて見まし
たが覚えてくれていたようで嬉しさも倍増しました。とり
あえず、これだけで埼玉に行ってよかったなぁって感じで
す。彼のお陰で浦実の子たちとも少し会話ができて交流す
る機会も得られました。機会があったら野口先生にもお伝
えしたい嬉しい出来ごとです。

 それから久々に山中さんにお会いできました。コロナの
影響で本当に紆余曲折ではありますが、ご縁があって再会
できたことに感謝です。ごうりゅう(兄)の話題にはじま
って、しばし懐かしい少し前の空手の話で盛り上がりまし
た。気がつけば、下の子もJKになっていて光陰矢の如し
という感じです。まぁ、なにかしてあげられるような立場
ではないのですが、カエラ氏と練習している映像を記念に
撮影させてもらいました。

 ライブ配信の方は比較的に順調に終えることが出来たと
思います。閲覧者は数名という感じでしたが、スマホ画面
をみて喜んでくれる人が1人でも居てくだされば、やった
甲斐があったと思います。あと私は人間的に未熟なので書
くのを辞めようとも思ったのですが、実は低評価を1つい
ただいたのです。限定公開で特定少数にも関わらず、そう
いう方もいらっしゃるのだなと思いました。可も不可もな
いといえばないのですが、少なからず悲しい気持ちになっ
たのは事実です。結局、この中においてもそういうことを
される人がいるのだなぁと思ったりして、これもご縁なの
で、トータルで過不足がないようにインハイ予選には行か
ないことを試してみようと思っています。

 生徒たちからは学ぶことが多かったですね。先ずはルー
ルを守るということ。私も含めて、結局はズルをするのは
大人なんですよね。高校生ともなると大人っぽい子も増え
るのですが埼玉高体連での二日間を過ごして思ったのは、
新年度ということもあってか、子どものように純粋な心を
持った人たちばかりが集まっていたのだなと思いました。
 これから成長して大人になり、少しずつズルい人になっ
ていくとは思うのですが、僅かばかりでも他人対する思い
やりを失わずに成長してくれたら嬉しいです。

 この点については、何名かの先生とも雑談をさせていた
だいて空手道とかスポーツとか部活動とかとは別で、人を
育てるという面を意識している方が多かったことが嬉しか
ったというか安心しました。これだけ人が集まれば、いろ
いろなことが起きるのは仕方ないことですけど、そこで試
行錯誤しながら生徒と向き合っている先生が多いのが現実
です。テレビやメディアは嘘ばかり並べて人間不信にさせ
ようと躍起になっておりますが、事実は違いますね。

 人間だから時に失敗もしますけど、悪意を持ってなにか
をしている人は皆無と言っていいでしょう。大人のズルい
心が災いして、そういう環境(縁)を造り出してしまう場
合もありますが、その刹那で戦っているというか頑張って
いる先生ばかりですよ。そういう人たちのやる気を削いだ
り純粋な子どもたちが人を信用するという素晴らしい心を
養うどころか、邪魔ばかりするのは辞めていただきたい!

 実際に足を運んで声を聞いてみればわかります。みんな
様々な事情を抱えながらも何とか少しでも良い方向にと努
力をし、協力しています。少し耳を傾ければ、その人の優
しさに気づくことが出来ます。知りもしないのに勝手な想
像で人を判断したり、決めつけたりするのは愚の骨頂です。

 あれれ、なんか話が脱線しまくりましたね。で、徳栄の
歌音さんにも会えました。きっかけは前の大会だったと思
うのですが交流するようになって、この期間は全国大会に
行っていると山中さんから伺っていて会えないのかなって
思っていたのですが、団体形競技に出場をしていました。
秋山先生に伺ったら時間ギリギリだけど間に合いそうだか
ら出場させたとのこと。本当に有難いことです。こうやっ
て先生方がどれだけ最良を尽くしているか、もっと多くの
人に知って欲しいですね。

 という訳で、様々なご縁をいただいて歌音さんにも会え
ました。せっかくなので団体形の練習風景と試合風景の動
画を空手オンデマンドで配信させて貰いました。そうそう、
それから全国大会の結果を帰宅してから眺めていたら個人
組手の欄にお名前がありましたねぇ。おめでとう!もしか
したら組手だけに専念していたら違う結果があったかも知
れないけれど、形もがんばってくれたから深谷で会うこと
が出来たので個人的には勝手に満足しています。組手の能
力が高いのだと思いますけど、再び主観ですが歌音さんの
形が外連味がなくて大好きです。このスタイルというか空
手に対する姿勢を失わずに居てくれたら嬉しいかもです。

 各試合の方は想定していたように良い試合が続きました
ね。新年度ということもあり、初々しい感じの子たちもい
て雰囲気も良かったですね。男子団体組手では伊奈学園さ
んが大健闘していました。花咲徳栄とも僅差で惜敗。観客
席で観戦していた埼玉栄の男子も大盛り上がりでした。こ
こから茨の道が待ち受けているとは思いますが、諸行は無
常であり、絶好の機会を逃すことのないように日々の練習
に励んでくれると嬉しいですね。勝ち負けは皆さん各自の
課題です。私の課題は皆さんが無事に卒業して、願わくば
その先でも空手道と関わって貰えることを願うことです。

 そうそう、高校に入学してから空手道を始めたという、
川越西の森原さん。観客席横で少し雑談をさせて貰いまし
た。この日は団体形と団体組手に出場。団体形では第一ラ
ウンドに出場して何としても勝ち上がって第二ラウンドに
臨む先輩にバトンタッチしなければならない状況だったと
のこと。無事に第一ラウンドを通過してホッと一安心して
先輩たちの演武の前に1人で居たところに私が声をかけた
ようでした。

 空手を習い始めたきっかけは入学時の部活動紹介でみた
空手道の形演武だったそうです。既に卒業してしまった先
輩だったみたいですが、とても格好良くて「よしっ空手道
部に入部しよう!」と思ってくれたようです。残念ながら
今は会うことが出来ないですが、そのカッコいい先輩に心
から感謝です。お陰で空手道のすそ野が広がりましたよ!

 今は宮﨑先輩を見習って映像を見たりしながら研究をし
ているそう。ご両親も自身が決めてはじめることだからと
空手をはじめることには反対されなかったそうで安心しま
した。顧問の先生とも少し雑談をさせていただいて川越西
高校空手道部の更なる発展が楽しみです。次に会うときに
は黒帯になっててくれると嬉しいです。次は森原さんが先
輩のような格好いい空手家になる番ですね。

 全ての試合が終了し、あっという間の二日間が終わりま
した。とても充実した二日間でした。最終日は真夏の陽気
で、機材撤収も汗だくになりましたが達成感がありました。
お陰様で貴重な経験をさせていただいて埼玉高体連関係者
の皆さまに改めまして厚く御礼申し上げます。ありがとう
ございました。次に埼玉に伺うのは来年の関東大会になる
かと思います。今から楽しみにしています♪長生きしなき
ゃね(汗)



 





閲覧(148)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp