協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  守破離の離  >  いろいろ変化しているようです

admin2 さんの日記

2022
4月 15
(金)
11:27
いろいろ変化しているようです
カテゴリー  守破離の離
タグ 
本文
風が吹いているという感じですね。諸行無常という言葉が
ありますが実体験するかのような出来ごとがありました。
特にどれという訳でもなく、世の中は絶えず変化をしてい
て、一見同じように見えるのですが落ち着いて良く眺めて
みると僅かに変化していたりします。

 これは良いこともそうでないことも同様でトータル的に
は過不足はなく中庸だとは思うのですが、その波は大小様
々で、運が良いとか悪いとか、タイミングが良いとか悪い
とか色々ありますね。でも過不足はないようです。

 心が掻き乱されて、不愉快な思いをしたり、我慢をした
り、疎外感を味わったり、人生をつつかれたり、チャンス
があったり、その時に感じたり目にしたものは自分自身が
気が付かない間に変化をしていて、過去に経験してきた先
入観が新たな縁を受け入れるのに邪魔をしてしまうなんて
こともあったりするように感じます。平常心といいますか、
常にフラットな状態でいるのは難しいものですね。

 心が穏やかになる環境を整えて、落ち着いてくると新た
な発見があり、僅かな変化も感じられるようになると思い
ます。言葉で表すとマインドフルネスみたいな感じだとは
思いますが、忙しい時間を過ごされている方々には見えに
くい縁があるように思います。

 東京都の強化練習会にお邪魔して来ました。少しずつ委
員の方々とも交流を重ねて、なんとなく感じていた壁がな
くなった感じがします。壁というと表現が良くなかったか
も知れませんが、お互いがお互いをある程度知るまでには
時間がかかると思うのです。まぁ、Playerさんとは多くの
場合は1日もあれば普通に交流できるようになったりもし
ますが、肩書とか役職のある方とは簡単に距離を詰める訳
にも行きませんし、私自身も相手からしたら得体の知れな
い人物だと思うので相応に距離感が生じるのは仕方ない部
分かなとは思います。

 で、別に変な意味はなくて単純に回を重ねて交流をする
度に新しい話題になったり、雑談も増えて、居心地が良く
なったりする訳ですね。基本的にはこのパターンが多いの
ですが希には残念なことに逆のパターンもあることも事実
です。トータルで過不足なく中庸なので仕方ないことでは
あるのですが、とりあえず都空連強化においては居場所を
与えていただいたように感じて、かなりの安心感です。
 という訳で都空連強化選手をはじめ、関係者の皆さまに
心より感謝申し上げます。

 余談になりますが、交流を重ねて好きになると応援した
くなってしまうのも人間の性ですよね。公平性を担保しつ
つも心通う人々に対しては心のなかで「がんばれぇ」と思
うに留めることにしています。まぁ、仏教的には心で思う
のも口でいうのも行動にするのも同じで、心や阿頼耶識を
大切にしないといけないのですが、特に悪いことを念願し
ている訳でもないので、好きな人たちを応援するという善
行ではあると思うので、心のなかで思わせて貰ってます。

 あとは立場の違いについても思うところがありました。
私の場合は空手関係においてはWebSiteを管理したり、写
真撮影をしたりライブ配信をしたりという立場で選手とし
て試合に参加する訳でもなし、選手強化委員としての立場
でもなし、技術的には素人ですし、広報的な立場からの情
報収集などはあってもPlayerの方々とは全く違う立場です。
 で、そんな中でもPlayerとか指導者の先生側の立場にな
って考えることはあります。あぁ、私もあの立場なら同じ
ような事を言ったりやったりするだろうなぁ。とか逆に私
なら言わないしやらないだろうなぁ。って感じです。

 で、あの立場になったら、あれを言わなくてはならない
のかぁ。とか思うのです。だから私はその立場にならない
ように環境を整えたのかも知れないなどと思ったりする訳
です。これは良い悪いではなく、双方が必要なもので過不
足もなく中庸で、個人の価値観によっても様々です。
 例えば「もう1回」という言葉を発することが好きな人
もいれば嫌だと感じる人もいる訳です。仮に私が「もう1
回」という言葉が嫌いだった場合、その言葉を口にしなけ
ればならないポジョンには身を置かないようにコツコツと
準備をする訳です。

 更に言うならば、例えばセクハラ問題を起こしたくない
とするならば女性と二人きりになる空間や環境を作らない
ように努力しますし、当然ながら自制が効かなくならない
ように飲酒はしませんね。私の場合は下戸なので飲みたく
ても飲めませんけど・・・。他にも、そういう雰囲気を醸
し出したりしないようにしたり、ご時世的にもかなりの努
力しなければなりません。実際に問題を起こさないことは
当然ながら、誤解や噂も避けたいので近しい人であっても
一定の距離を置くように心掛けていますね。それでも不安
が全くない訳ではないのです。人のこころは変化しますし、
私が男である以上、性欲はあるわけですしね。だから、こ
うやって書いたりして、より危険を回避するように環境を
整える訳です(笑)

 自分自身が危険人物だという認識があるからこそ、心の
隙を作らないように心掛け、魔が差す環境を作らないこと、
それでも安心せずに精進することなど。さらに不測の事態
になっても、最悪の事態を避けるために最良を尽くす訓練
とシミュレーション、これまた難しいことですが、いかな
る場合も素直に謝れる訓練など。そうした日々の精進をコ
ツコツと積み重ねるだけですね。

 で、とにかくPlayerが楽しくて幸せな空手界、誰かを押
しのけたり、排除したりしないで、和して同ぜずの日本ら
しい文化の継承、といろいろと思ったりもしているのです
が、なんか少しずつ全体的には良い方向に動いている感じ
がするんですよねぇ。根拠のない直感なんですけどね。
 バイオリズムが戻ってきた感じなのか、行き過ぎた部分
が戻ってきた感じなのか、とにかく良くわからないのです
が、夜があける感じというんでしょうかねぇ。結局は諸行
無常で良いことも悪いことも続かないということで落ち着
きますね。

 そう、続かないんですよ。常に変化してますから、今が
良くない状態の人は少し待てば必ず良くなります。今が最
高の人は、そうでなくなる可能性がありますから慢心せず
に下山の準備をしておくと良いです。そして、これら全て
が常に動いていますから、一喜一憂しないで明るい方向を
みて一歩一歩あゆんでいけば良いと思います。

 あと、いろいろありますけど本質的にみんないい人です
よ。そこに気が付けないのであれば、たまには落ち着いて
のんびり休んでマインドフルネスなどを試してみては如何
でしょうか。

 いま、徹先生から連絡があって、埼玉高体連の関東予選
もライブ配信する方向で検討中です。では作業に入ります。

P.S.Tatamiって表現、あれもいつか戻るんですかねぇ。
  なんでかって?だってあれは畳じゃないから(汗)
  日本の文化を正しく世界に伝えてほしいですね。
  空手関係者以外で、あれを畳と呼ぶ人はいないと思い
  ます。その事実を海外のPlayerは知らない可能性が
  高いですね。それ、畳じゃありませんから!
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B3

閲覧(146)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp