協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  一般公開  >  東海地区選抜ほか年末あれこれ

admin2 さんの日記

2020
12月 31
(木)
16:09
東海地区選抜ほか年末あれこれ
カテゴリー  一般公開
タグ 
本文
 気が付けば大晦日。ダラダラと書いて見る。

 23日の夜から神戸に向かった。例年なら河北杯と桃太郎杯があるの
で年末年始の予定があるのだが、今年はコロナのお陰で年末年始に思わ
ぬ時間を得られた。このチャンスを逃す手はないので、仕事を片付けて
出掛ける事にした。先ずは近畿地区選抜大会が行われる神戸常盤アリー
ナの現地調査。大会当日は行くことが出来ないので少しでもトラブルを
減らし、円滑にライブ配信が行えるように自分に出来る精いっぱいの準
備をしたいと思っていたので好機でした。

 下道で神戸まで約12時間。筆者のフリードならガソリン満タンで神
戸まで給油なしで行けます。交通費は5千円弱という感じ。わざわざ書
く必要もないけれど、書かないと筆者のお金の使い方や考え方が伝わら
ずに寄付金などを無駄遣いしていると誤解されてしまうかなとも思いま
した。まぁ、別に誤解されても良いんですけどね、そもそもそれは誤解
ではなくて、ある意味で正解だと思いますし・・・。

 今回は出来れば金銭についても少し踏み込んで書いてみようかとも思
ってます。

 クリスマスイブの日は広島のホテルに宿泊しました。このホテルには
筆者の撮影などを手伝ってくれた子が就職した先で、入社一年目にして
本社勤務で広報を担っている逸材です。まぁ、女の子が知らない土地に
行って一人で働くには、いろいろ不安も多いことでしょう。コロナも手
伝って、厳しい環境での門出だったので、筆者が顔を出すことで少しで
も元気になってくれればと思いました。ホテルそのものはハイクラスの
一歩手前という感じですが、ビジネスで使うには充分すぎるホテルでし
た。個人的には格安ビジネス旅館が好きなタイプなので、自分には分不
相応で勿体ない気がしました。施設そのものは素晴らしかったです。

 そこから鹿児島を目指しました。鹿児島第一高校と東洋大牛久高校の
合宿を見学させて頂くためです。広島から鹿児島を目指しましたが、途
中で睡魔の限界に到達し、日田市の格安ホテルに宿泊しました。スマホ
のナビに従って移動したのですが、場所がさっぱり分からず、チェック
インしてから調べたら大分県に入っていたようです。
 翌日は早起きして日田から国分武道館に移動しました。東洋大牛久の
皆さんよりも早く会場に到着出来ました。確か8時30分頃だったと思
います。

 この日は9時過ぎから東海地区選抜のライブ配信が行われるので、リ
モートサポートの準備をしました。かろうじて武道館にWi-Fiが届いて
くれたので配信の開始を待ちました。無事に午前の配信がスタートして、
タイトルの微調整や細かな設定変更サポートなどを行いました。九州か
ら変更の指示や修正が行えて、本当に便利な世の中になったものだと改
めて実感しました。一安心すると牛久の皆さんが到着。実は朝、会場に
ついても誰もいなかったので会場を間違えてしまったかと不安でしたが、
益田先生のお姿が見えて安心しました。

 諸般の事情で合宿は東洋大牛久のみで行われることになってしまいま
したが、会いたいと思っていた生徒さんとも会えましたし、ゴリゴリの
練習風景に笑いあり、笑いあり、笑いありという感じでした。お昼は近
くラーメン屋さんに行きました。筆者も数名の生徒を乗せてラーメン屋
さんに移動し、僅かな時間でしたが楽しい話を聞くことが出来ました。
 空手に限らず、筆者自身には意図しない様々な先入観があるわけです
が、交流を重ねることで勘違いをしていたり、先入観が覆されたりして
新しい発見があったりして、意図したものではないものの、余計な先入
観が自分の人生を狂わせたり失敗させている部分もあるのかな・・・。
とか思いました。先入観を手放すことが今の喫緊の課題です。

 国分武道館から鹿児島市に移動。夜は益田先生のご厚意で、しゃぶし
ゃぶをご馳走になりました。宿泊はレクストン鹿児島。Gotoキャンペー
ンが使えたので通常よりも安く宿泊出来ました。立派なホテルでしたが
サッカー少年が大勢宿泊していて、吹き抜けの造りが仇となって、せっ
かくの旅行気分が台無しでしたが、これはこれで良い思い出ですね。
 空手少年には是非とも公共の場所でのマナーや節度を考えられる人で
あって欲しいと思いました。結局、子供たちというよりも指導者や我々
大人が大人の責任を果たしていないことが問題であると自省しました。

 日曜日も早起きして父方の旧家がある都井岬まで足を延ばしました。
あまり時間がなかったので簡単ですが墓の掃除をして、岬を一周して来
ました。少しでも現金を使おうとガソリンを入れたり、買い物などをし
ました。車のナンバーを見て「観光かい?」という感じの話になったの
で旧家の話を伝えたら、この地域では筆者の苗字は古くからある名前で、
開拓した祖先の話などを伺う事も出来ました。筆者は殆ど所縁がないの
ですが、随分と褒めて頂いてしまい、ご先祖様に感謝しなければなりま
せんね。

 途中で日帰り温泉を発見したので、ひとっ風呂。そこから兄のいる福
岡を目指しました。結局、この日も睡魔の限界で熊本に宿泊。翌日は、
福岡に移動して姪っ子に本を数冊プレゼントして、あとは今年はコロナ
で帰省しないので、お年玉を先渡し。すぐ近くに福岡ドームがあって、
相模原よりも大都会。そういえば、以前に西村誠司先生のセミナーにお
邪魔した際に、この立派なシーホークホテルを取って頂いていたのに、
無知な筆者はシーホークを知らなかったので自分で別の宿を予約したの
ですが、翌日に先生を迎えに行ってシーホークホテルの前に行って、驚
きました。これがシーホークホテルかぁ、、、失敗したな・・・と(笑)

 基本的に高速道路を使わずに下道移動です。ただ、国分武道館から鹿
児島市内の夕食会場への移動は色川先生の車の後ろをついて行ったので
高速でした。あと何回か道に迷って高速道路を使いました。高千穂を抜
けたり、様々な山道や雪道を通りました。一応、ドライブレコーダーに
記録されているので、時間があれば映像を編集してアップしてみようか
とも思っています。

 福岡から関門トンネルを通り、山口県へ。低予算の旅行なので今回は
テッチリ、テッサはお預け。この日からGotoが使えなくなったのですが
元々、そういうものは無かった訳ですが可も不可もない話ですから、心
の声に従って、日本海方面を目指すことにして津和野に移動して一泊。
 温泉を楽しみました。そそ、チラホラ雪が残っていて朝晩は冷えまし
たが、その分、温泉が身に沁みました。年末に向けて天気が下り坂とい
うことだったので当初は日本海側を抜けて城崎温泉、石川・新潟・長野
から下に降りて帰宅予定でしたが車が冬仕様ではないので再び広島に向
かう事にしました。

 再び、最初の子の務めるホテルを予約しました。今回は彼女の名前で
予約して貰ったお陰で社員価格で宿泊させて頂いてしまいました。何か
お礼をしなければと考えた挙句、昼間に食事をした後に海までドライブ
したのですが、その時に釣りをしたことがないと言っていたので、翌朝
に海釣りに行く事にしました。基本的に釣り具は常に車に積んであるの
で現地でエサだけ調達して防波堤で釣りをしました。運よく、天気も回
復して12月とは思えない気温でした。初めてなので何とか釣らせてあ
げたいと思ったのですが、与えられた時間はチェックアウトする11時
まで。釣り場からホテルまでの移動に1時間は要するので10時がタイ
ムリミット。1つはサビキで1つは遠投仕掛け。

 前半は防波堤の先端と内側でアジ狙い。まったくアタリなし。やばい
雰囲気。後半は外海側で浜と小テトラ側で遠投。仕掛けのテストで筆者
が投げた1投目でイカがヒット。小さいのでリリースしましたが、この
後の釣果はなし。残念ながら釣らせてあげられませんでしたが、投げ釣
りと海で遊ぶという想い出くらいは出来たのではないかと思います。
 また機会があれば連れて行ってあげられたらと思います。

 少しだけ話を戻して金銭面の話ですが、当然ながらライブ配信の為に
ご寄付頂いた金銭については一切他の目的に使用はしておりません。
 現時点での寄付内容と出費内容は下記の通りです。
https://wkf.jp/modules/press04/
 今回の神戸・九州などへの旅費は全て個人の出費であり、浄財に手を
付けるようなことはしておりません。今年は確かに金銭的には厳しい年
ではありましたが、現在では全て解決することが出来ております。

 今年度の初めには某ボランティア団体に定期預金の全てを寄付しまし
た。タイミングが悪く、そこに来て新型コロナの流行があり、手元に残
っていた資金も全てネット大会運営で使い果たしました。本当にギリギ
リでの生活が続きましたが、6月の配当により当座の生活を安定させつ
つ、ライブ配信に必要な資金は交流のある方々に支えられて手元にある
機材などを上手に活用しながら徐々に機材を増やしたり、機材のグレー
ドアップを図りました。今までなら全て自己資金で投資が出来たのです
が本当にタイミングが悪く、今年ほど金銭に苦労した年はなかったよう
に思います。それでも切り詰めながら何とか回して、ようやっと12月
の配当まで辿り着いて、資金面の目途が立ちました。

 お陰様で贅沢さえしなければ、生活が成り立つ環境が整うまでには、
なりました。預貯金ゼロ状態に加えて予期せぬ出費、カードなどを上手
に活用して支払いを先延ばしにするなどしましたが、ようやく例年の年
収分を確保し、再び来年度から預貯金に回すなり、新しいカメラの購入
などの投資に回せるようになると思います。世の中は本当に良く出来て
いてコロナのお陰で空手イベントが少なかったお陰で筆者の出費も抑え
ることが出来ましたし、本業においてもテレワーク需要により仕事が増
えましたのでスタッフへも相応に還元することが出来ました。

 まだ全てを終えた訳でではないので何とも言えない部分がありますが、
恐らくは物事に過不足はなく、手放せば再び勝手に手に入ってくるもの
だなと感じていて、特に今年は思い切って手放したものが多かったので
すが年末に来て、振り返ってみると当時は失ったように感じられた部分
も今では全てが修復されたと言いますか、むしろ得てしまっているよう
な気さえします。もちろん、これらは再び手放して行く訳ですが、この
手放す訓練の中で過不足はないと思うものの、繰り返して行く中で将来
というか未来に対する不安は全くと言っていいほど感じられなくなり、
手放せば手放すほどに「安心」が手に入り、それが満たされていく感じ
がしています。

 なので、余計なことに惑わされることが殆どなく、不安も非常に少な
いので安心して何かを断ることも容易になりました。簡単に言えば、更
に可も不可もない状況で、基本的に良い意味でどうでもいい感じで、執
着に惑わされることも非常に減りました。これは、今がたまたまかも知
れないので断言するのは少し怖いのですが、これまでも何度もチャレン
ジをして来て、そろそろ、このままこの方向でガンガン手放して行って
も問題はないのではないかと思えるようになっています。

 そういう安心感の中で、今回の旅が始まりました。予期せぬ出費があ
ったとしても最終的には回りまわって過不足のない状況になると思って
いるので安心して手放せます。もちろん、裕福な環境ではないので生活
などを切り詰めて質素であることが大前提ですが、1週間の半無計画旅
行も何の不安もトラブルもなく充実のうちに終える事が出来ました。
 雨が降る夜中の高千穂ドライブも、吹雪の六日市ドライブも貴重な体
験となりました。残りの時間も非常に少なくなって来ているので今後は
こうした時間を増やして地方地方に足を運びたいと思っています。

 旅行中は藤久先輩から電話があり、空手関係の貴重な資料を贈呈して
頂きました。澁谷先生を通じた御縁に心から感謝です。二度とないと思
っていた都井岬への墓参りも実現できました。益田先生からお話を頂い
ていなければ神戸止まりだったと思うので益田先生にも感謝の気持ちで
一杯です。おもしろいもので、こういう御縁は神様が様々なものを繋い
でくれるようで、まだ益田先生には伝えていないのですが、益田先生へ
の恩返しにピッタリの筆者にしか手に入れらない大切なものが偶然にも
手元にあったので、後日プレゼントしたいと思っています。

 多少ですが再び資金的にも余裕が出て来たので、先ずは日頃からお世
話になっている高橋さんと美味しいものを食べに行きたいと思っていま
す。少し暖かくなったら、今回断念してしまった京都・福井・石川・新
潟方面から青森方面まで同じような旅に出ようと思います。大会取材は
極力減らして行って、地方の道場や学校にお邪魔して単なる空手に触れ
ながら新しいことにもチャレンジしたいと思っています。

 まだ追記していませんが、余った配当金でライブエンコーダ―を2台
購入しました。内容が良ければ、更にあと2台を追加予定です。まだ未
定ですが、来年度末には更に余裕が出てくると思うので、今回本当にお
世話になった綛田先生にも御礼をしたいなと思ってます。なので、出来
たら綛田先生と那智の滝に打たれる修行か、高野山での修行に一緒に行
けたらなと思っています。

 世の中は本当におもしろいもので、本当に良く出来ています。諸行は
無常であり、因果応報なのかなと感じています。今死ねれば後悔はかな
り少なし。本当に有難いことです。欲張り過ぎてはいけませんが、やり
たいことは山ほどあります。間に合わなければ仕方ないことですが、準
備が相応に整って来たので、どんどん実行して死に備えます。
 「コロナで大変な年」などと言われておりますが、少なくも筆者にと
っては非常に充実した年であり、またとない経験と大いなる「安心」を
得てしまった年でもあります。明日から、またどんどんと手放して行き
たいと思っています。感謝しても感謝しても感謝しても感謝し切れない
素晴らしい年でした。ありがとうございました。

 それでは皆さま、良いお年をお迎えください。(の)












閲覧(129)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp